長谷寺で心身ともに健やかになる!本堂に続く399段の階段を登る

花のお寺としても有名な奈良県の長谷寺に行ってきました。寺社仏閣が好きな方は一度は訪れたいと思っているお寺です。私はこのお寺が大好きで、一年に2回は必ず足を運んでいます。

というのも、春は桜、夏は紫陽花、秋は紅葉、冬は寒牡丹が咲くので、四季を通じて楽しむことができるお寺だからです。そして大晦日には、無数の燈篭に火がともる万灯会もあり、ロマンチックな年越しをすごすことができます。

長谷寺は、本堂に続く階段が399段あるので、いつもかなり体力的にきついのですが頑張って上ります。この階段は人生に例えられ、さまざまなしがらみや苦しみを乗り越えた先には、極楽が待っていることを意味したものだとか。

確かに、一段一段踏みしめながら汗をかきながら登りきった先には、極楽のような景色と心地よい風が待っています。そしてひと息つけば、ご本尊の十一面観音菩薩さまを拝むこともできます。このご本尊は高さが約10メートルもあり、現存する木造の仏像では日本最大なのだそうです。

本堂をあとにして、ぶらりと参道に寄りました。長谷寺の参道には名物の草餅屋さんをはじめ、数々のお土産物屋さんが軒を連ねています。よもぎたっぷりの草餅はとてもおいしかったです。

次は、長谷寺温泉に向かいました。老舗の歴史を感じさせる旅館で立ち寄り入浴があるので、入ってみました。少し高台になった全面ガラス張りのお風呂から眺める大自然と長谷寺産道の風景は最高です。少しぬめりのあるお湯が、階段を上り下りして疲れた足にじんわり効いてくれました。良い空気を吸っていい一日を過ごすことができました。

保存